木材を保護する塗料

木材は自然からいただいたものですので、時間の経過とともに色褪せたり、亀裂が入ったり、割れたり、腐ったりしてしまいます。

ですが、木材は人に優しく、メリットの沢山良い感じの材料だとしてもあるでしょうから、コンクリートやプラスティック等と比べると好むかたが沢山です。

木材で創られたものを、少しばっかりだとしても長く爽快に利用しようとするならば、やはりメンテナンスは欠かせません。

一般、木材でなんらかの物を創るケースには塗料を塗りますが、この塗料はときどき塗りなおしてあげないといけません。

塗料が剥げてきますと、外装に微細な亀裂が入ってきますし、撥水性が無くなって水が染み込んでしまうようにもなります。

より一層は、色も褪せてしまいますし、木材そのものが露出して、そこにカビ等が付着したり虫がついたり、パッと見もすさまじく悪くなってしまいます。

こみたいになる前に、塗装をし直す必要があります。

塗料は木材に着せる衣類のようなものと考えても良いでしょう。

ときどき、新しい物を与えてあげないと、内部が傷だらけになってしまいます。

塗料にも色々ありますが、屋外用の木材保護塗料ですと1~2年の周期で塗装するのが理想的だと言われています。

木材を長持ちさせる為に創られた塗料というものもあり、それらを利用しますと、4~5年は塗り直す必要がないという優れものです

経費的には高額ですが、長い目でみますとお得です。

木材自体も耐朽性が異なっていますから、使途に応じて使い分ける必要がありますし、耐朽性が劣るものであるのならあるほど、頻繁に塗装等の防腐処分が必要となってきますね、。

木材の耐朽性

前回は、塗料によって木材を長持ちさせるといったお話をいたしました。

その際に、木材の部類によってもおのおのに異なった耐朽性があるというようにお伝えいたしましたね

本日は、各木材の耐朽性をご案内してみたいとおもいます。

以後木材を利用して何かを作ってみようというかたは、すさまじく参照になるとおもいます

予算と耐朽性を考えて、選定してみると良いでしょう。

耐朽性があまりよくない木材であっても、塗料をきっちりとしたものにすることによって、長持ちさせるこというのは十分に出来ます

逆に、耐朽性が良い木材であっても、塗料の塗り直し等が蔑ろになってしまうと長持ちが難しくなってきます。

一番良いのは、耐朽性の良い木材に、良い塗料を頻繁に塗り重ねることでしょう。

では、木材の耐朽性を参照にしてください

耐朽性が良い木材からまずご案内いたしましょう。

国産木材では、ヒバ、クリ、ケヤキ、ネズコ等です、。

米材ですと、ベイヒバ、ベイスギ、ベイヒ、レッドウッド等がみたいですね。

南洋材ですと、チーク、ボンゴシ、ギアム、イベ等です。

次に、耐朽性がまぁまぁ一般くらいの木材です。

国産木材では、スギ、カラマツ、カシ、ナラ等です。

米材ですと、ベイマツがそれにあたります。

南洋材なら、レッドラワン、クルイン、アピトン等でしょう

耐朽性があまりよくない木材というと国産木材ではブナ、エゾマツ、アカマツ、トウヒツガ等でしょう

米材ですとベイツガ、シトカスブルース、ストローブマツ、ベイ等です。

南洋材ですと、バルサ、ラミン、アンベロイ等がみたいです。

木材買入の際に、参照になさってくださいね。

我が国の木材自給率

多様なものを輸入に頼っている我が国ではありますが、木材に対してはどうですのでしょうか。

木材の自給率に対して、この度は記事にしてみようとおもいます。

今までの記事だとしても、我が国は外国産の木材を多々、輸入しているということを書きましたね。

ですが、我が国にも森林はありますし、林業を営んでいるかたはいらっしゃいます。

自給率は、いったいどの程度だとおもいますか。

実は、全体のたった2割くらいですのです。

森林自体は、国土の約40%を占めると言われていますが、伐採して利用する木材は2割くらいだということですね。

昨今は環境要素保護の問題からも、木材をあまり利用しない方が良いという風潮になっていますね。

木々を切り倒して森林をみるみる減らしてしまうと、空気中の二酸化炭素を吸収できなくなってしまうという理由も一つあるでしょうし、野生の動物たちの住処を奪ってしまうということにもなります。

これらが行き通り越すと生態系のバランスを崩してしまいますし、地球温暖化にも拍車をかけてしまうのです。

しかしながら、自給率が低めのからといって、外国から輸入したケースではいうことになれば、外国では木を伐採しないといけませんから、地球規模で見ると、なにも変わりません。

その辺は、依然として各国にとって課題の一つでしょう。

ニホンは国土がスペースがないというのはいえ、森林の面積はけっこうあります。

もう少々、自給率を高くしても良いのではないでしょうか

木材に限った事ではありませんが、なるべくであるのなら、自国で利用するものは自国で間に合わせたいものですね。